リペア・ブログページ

フローリング日焼けによる色あせ補修

大きい掃き出し窓と呼ばれる南側にある、日がよく当たる部分の床が色あせてしまうことがあります。

 

白っぽくなってしまったり、色がうすくなってしまったり、ささくれができてしまうこともあります。

放置しておくと、フローリングの単板とよばれる表面がはがれてくることもあります。

 

 

補修では、難易度が高く

、センスが求められるお仕事になります。

 

程度が軽ければ、クリアとよばれる表面の透明な膜のみ直せばいいので、

 

そんなに難しいことはありません。

こちらを参照ください

 

 

 

床の向きに、横断する日焼けになるので一つ一つ床の色を微妙に調整していかなければいけません。

 

結構やっかい

 

ひとつひとつのフローリング一枚一枚色や模様を描いていきます

 

時間と手間がかかる作業

 

 

 

目安の施工作業料金は2.5万から3.5万くらいといったところでしょうか?

 

幅が狭かったり、合わせやすい色だったりと、条件が色々違いますが、

 

おおよそ半日から1日がかりのお仕事になりそうです。

 

 

 

カーテンのすきまから日が洩れ、フローリングが焼けてしまうことがあります。

気にする方は、ベランダにサンシェードや日よけなど、対策が必要不可欠となります。

 

地味に時間と手間・体力的精神的にかかってくる案件の一つです。

施工後

施工後

 

近くから見ると、直した感は否めない・・・・

 

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。
ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼