リペア・ブログページ

ドア穴・へこみ補修

ドア穴修理

ドアの補修ありがとうございました。

 

室内のドアの穴補修事例にります。

 

室内のドアは、少しの衝撃で、穴があいたりへこんだり・・・

 

ドアを変えると5-10万くらいが交換料金になりそうです。

 

・交換

・ダイノックシート

・塗装で補修

きれいに直したい場合は上記

・自分で木目のシールを部分で張られる方もいます。

 

早速ご紹介させていただきます

ドア穴修理

ドア穴修理

木ベース色や木目を入れているところです 写真ですと、肉眼で見るより分かりますね

 

今回は部材の破片を、使わせていただきました。

間は空洞になっているため、破片を抑えるのに

 

木材を4か所程度入れました。

 

このやり方の利点は、補修か所が最低限

欠点は、時間がかかるということと、100%平らにならない!

 

・・

 

さわる場所でなければ、さほど問題なし、!?ですか?

 

穴より大きくパテをして、直した方が、完全に平らになります。

塗装がぴったり合っていないと、違和感が出るので、技術とセンスが必要です。

 

手のひら大 10cm超えてくると、ぐっと難易度も上がってきます。

 

 

目安¥25000-35000円くらいが施工価格に設定しています。

大体半日~一日くらいはかかります。

 

色や穴の大きさによって、色を作って調整を繰り返し一日で終わらない場合もあります

 

早い施工店の場合2-3時間で終わらせてしまうという強者補修店さんもいます。

 

やり方も色々、基本は大体一緒ですが、やる人によって仕上がり、クオリティが全然違う

 

100%擬態化は難しいけれど、

 

1m先で全然分からないレベルが、仕上がり目標

 

穴の大きさや色によっては、

20cmくらい目の前にみてわかるレベルを目指したい。

 

ドア穴補修後

 

自分で直したい方は、

ダイノックシートを張るという方法の方が、きれいに直ります。

パテはポリパテ関西ペイントNEOX速乾仕上げ180

塗料は、つや消し調色・カラーパウダーなど

8:30-15:30くらい施工時間

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。

最新記事 by こばやし まさき (全て見る)

ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼