リペア・ブログページ

浴槽ホーロー錆・欠けてきた時の修理方法

浴槽と聞くと、あまり修理のイメージはありません。

 

どちらかというと、今のお風呂を新しくしたいとユニットバスリフォームの方が、イメージに強いのではないでしょうか!?

毎日過酷な状況下で使用される浴槽バスタブは、少なからず悲鳴をあげているかもしれません

 

浴槽になぜか錆や、ひび割れ・かけてくることがあります。

 

物を勢いよく、落としてしまったり、身に着けているものがこすれて傷がついたりと原因は様々です。

 

 

結論から言いますと、

自分で直す場合は800円で応急処置で対応できます。見栄えは、自分次第になります

※後々、しっかりと補修するとする可能性があります

業者にお願いする場合は、部分補修費用は¥2万円~4万円 全面塗装の場合の費用は¥80000円~になります

 

 

 

 

 

自分で応急的にどうにかしたいという方に、解説していこうと思います。

①安全に気を付けてスクレッパーやヘラなどで、バリや錆をできるだけ落とします。

 

※刃物を使いますので、手を切ったり、余計なところを傷つけないように注意が必要です。

②次にパテと呼ばれる粘土のようなもので固めて形を形成します。

 

 

セメダインの水中用エポキシパテ

ホームセンターなどに市販されています。

水中用が水の中では良さそうです。色々な適材適所のパテの種類があります。

 

価格は800円前後とお買い得

 

筒状の粘土になっていますので、使う分だけカッターなどで切ります。

筒状の中に2種類の粘土が混ざっていて

この二つの粘土が混ざることによって、信じられない位の硬度と強度が発揮されます。

※一緒に同封されている、ビニールの手袋はつけておいた方がいいかも

手につくと水やせっけんでは落としずらいので注意

パテで形成したら応急処置は完成、

 

見栄えにこだわるのでしたら、サンドペーパー180番から400番くらいのもので磨いて平らにしてもいいかもしれません。

 

パテには、強度がありますので、今以上に割れやひび割れも進行しにくいと思います。

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

余談になりますが、

コーキング材のみで対応は、割と早くはがれてくるかもしれませんので、

パテを使って補修をした方がよろしいかと思います。

パテの上に、シリコンコーキングで 、薄くコーティングするのは、応急的にいいかもしれません。

 

 

やはり自分には、難しいので業者にお願いしたいという方には、浴槽の塗装がおすすめです。

今ある浴槽を壊して、ユニットバスにするには、とても高額な金額がかかってきます。

 

浴槽は修理できますので、浴槽塗装をしてから、のちほどユニットバスにする計画を立てても、

いいかもしれません。

 

浴槽の全面塗装をした場合の、解説です。

 

①錆や、はがれている部分の処理

②錆止め部分塗装 (今回はエポマリンJWという錆止め仕様)

③エポキシ系パテ (今回はソーラーエポックス910仕様)

パテ→研磨を3回くらい繰り返し、平らになるまで形成しました。

傷が少し深い部分も、パテ補修

遠目からみるとこんな感じです

よく水回りは、乾燥させます。

ホーローは、陶器とても固いので、塗装の密着が悪いです。

④ランダムサンダーという機械を使って40番サンドペーパーで、

 

これでもかって、いうくらい傷つけます。

目粗しという作業になります。

40番とは、めったに使う番数ではありませんが、それくらい粗いペーパーを使わないと、傷がつきません。

 

R部分や機械は入りにくい場所では、手で磨きます。(傷つけます)

 

密着を高めるため必須作業です。あとで剥がれてしまわないために行う作業

 

⑤脱脂

汚れや油分を取り除きます。

きれいなウエスで2回くらい繰り返します。

⑥錆止め塗装

エポマリンJW水中用

密着を高めるためと、錆再発防止

500mlペットボトル1本くらい使いました。

2液性のため、計りを使って正確に材料を作ります!

2液タイプとは、主剤と硬化剤が別になっているタイプです。

1液タイプより、更に性能が高く強度があるのが通常です。

 

⑦上塗り塗装

浴槽用の塗料が、色々出ていますが、

密着性能と待機性が優れているものを使用します、

今回は、バスピュアコートという浴槽塗料を仕様

塗りやすく、速乾タイプです。

仕上りも美しい

⑧再度上塗り塗装

同じ塗料をもう一度重ねます。

半硬化状態でも、問題なく吹付することが可能です。

乱雑な画像になりましたが、・・・

 

仕様した塗料機械は、富士スプレーのミニマイト5という温風ガンと呼ばれる塗装機です。

⑨仕上げは、クリア塗装

仕様はパイロキープTS2000クリアというものです。

錆があって、欠けていたのも信じられないくらい、きれいに仕上がりました。

出来るだけ長持ちしてもらえるように、気持ちを込め施工

 

施主様には、感動していただきやったこちらも、心温まりました。

 

色々な思い出がつまった浴槽バスタブ。

簡単に、壊してユニットバスにしないでも、塗装で修理することができますので、

 

新品より修理して使うという方法も、ありではないでしょうか!?

 

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

お問合せはこちらからどうぞ

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。

最新記事 by こばやし まさき (全て見る)

ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼