リペア・ブログページ

浴槽はがれ修理方法と料金

浴槽のはがれや、傷の修理方法について解説していこうと思います。

 

 

今回は、某ホテル様の浴槽のはがれをした事例を重ねて 解説していきます。

 

まず、栃木県内では浴槽塗装や、浴槽のはがれ補修をしてくれる業者さんが少ないのが現状です。

 

ホテルの方がこうおっしゃっておりました。「前回は都内から来てもらった業者さんにお願いした、

しかし補修を依頼すると出張費が高くつくため、近場の業者さんにお願いしたい」とのことでした。

 

茨城県や群馬県など近県の方も業者さんが見つからないと、うたっておられました。

施工前

 

施工後

 

 

はがれや傷の修理方法として

 

1業者さんにお願いする(浴槽補修塗装)

2自分で応急処置をする

自分で直せば1000円で収まる!?

自分で応急的に対応する場合は、

 

剥がれや傷にバリがあって危ないという場合は、

 

ホームセンターに市販されている、エポキシパテ(エポパテ)とよばれるパテが売られています。

 

粘土みたいに2つの物を1対1で混ぜ合わせると、信じられないくらい固く強度があります。

https://yahoo.jp/_6Ll-G

こういうタイプでしたら水中用がおすすめです。

700-円くらい前後

 

 

もしくは、

 

コニシの クイック5

5分で硬化する エポキシ系パテ陶器系も行けるみたいです。

400円前後

 

 

エポキシ系は、匂いが強烈

※要換気

 

皮膚が弱い方は、ビニール手袋してください。

手につくと落ちにくいです。

 

あと、汚れてもいい恰好

 

あとは粘土遊びに近い感覚です。

 

出ているバリや、剥がれをおとして、塗ってあげてください。

 

しばらくは、もってくれるハズです。

 

別売りのヘラなどあると便利かもしれません。

 

 

ちなみにパテは色々ありますが、エポキシ系がパテの中でも一番強度と、固さがあります。

 

その下グレードで、車で使われるポリパテ、浴槽や水がずっと使っている部分に施工すると、簡単に取れてしまいますのでNG

 

 

本来は、パテを盛った場合は、塗装をしなければいけません。

 

浴槽には、浴槽用の塗料があります。

私たちが、使うパテもエポキシ系のパテを使います。

 

パテをきれいに平らにして、塗っているだけ違いは、業務と一般の違いは

 

パテを平らにする技術と、塗装する技術、色を調色する技術が必要になってきます。

 

奇麗に直したい方は、私たちにご相談ください。

目安の金額として2万円~3万円消費税くらいの価格帯になってきそうです。

 

応急的に直したい方はエポパテで、1000円以内で直せます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。
ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼