リペア・ブログページ

アルミ門柱のビス穴間違い補修

門柱のビス穴補修工事誠にありがとうございました。

 

工期がないということで、タイミングがあって施工出来てよかったです♪

 

全然分からないは、最高のご褒美だと思います

 

 

 

 

付けるはずだったものがつかなくなったや、何かの拍子で施工ミスをしてしまった、そんな経験は誰にでもあります。

 

直さなければいけないもしくは、交換どちらかの方法で原状回復しなければいけません。

 

工期がないとなれば、部分で修理することができればとても、素晴らしいと思います。

 

リフォームは全体的に新品に交換 

リペアは、部分(スポット)で直す

 

簡単に言うと上記みたいな方法があります。

 

部分で直せれば、施工費も抑えられます。

 

 

ビス穴の部分だけを直した補修事例をご紹介させてください

床にコンクリートを打ってしまうと、新しいのに交換しようとしても、とても大変な工事になってしまいます。

そこで補修のご依頼がありました。

 

飛散しないように、ビニールで養生

 

そしてパテと呼ばれる、粘土みたいなものをビス穴に埋めます。

 

4-5回くらいパテを打って平らにしました。

3回くらいでも分からないくらいにはなりますが、

 

指で触って分からないくらいにするには、少々余計にパテを打つ必要があります。

 

上手な方は3回くらいで仕上げてしまう職人さんもいるかもしれません。

 

 

うすくビス穴の部分に、軽く何度もエアブラシで重ねていきました。

最後に全体的にツヤを合わせるためクリア塗装。

 

色は、リペアカラーとよばれるアルミサッシ専用の補修スプレー仕様ブラック色(色はほぼぴったり)

 

 

こんな小傷や擦れも

エアブラシとクリア塗装で、ほぼ分からなくなります。

そんなに時間をかけずに、小傷や 擦れくらいでしたら直すことができるでしょう。

 

ビス穴は約3時間前後

小傷・すれなどは30分あるかないかくらい

 

目安です。

 

施工料金は¥25000円~もしくは¥30000円~になります

条件によって異なります。

 

アルミ素材でも対応は可能です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

お問合せはこちらからどうぞ

補修工事依頼誠にありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。

最新記事 by こばやし まさき (全て見る)

ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼