リペア・ブログページ

ウッドデッキ屋根おしゃれ

ウッドデッキを、広くしたい・おしゃれにしたい

屋根付きにしたい などなどに関してお調べになっている方に向けた

記事になっています。

少しでも参考になればと思い、記事にしました。

 

|ウッドデッキとは!?

デッキ(英語)甲板(かんぱん)からきている

木や樹脂製・アルミ製などが主に使われている。

その中でも、ウッドデッキと呼ばれているくらい木で作られている

物もよくお目にかかる。

 

ウッドデッキに使われる木の種類は、

固い木から柔らかい木まで様々

固い木はハードウッド 長持ちするが高価で加工しにくい

柔らかい木はソフトウッド 定期的に塗装が必要 安価で加工しやすい

 

固い木:ウリン・セランガンバツ他

柔らかい木:ウエスタンレッドシダー他

が主流

 

|ウッドデッキ解体

必要な道具

バクマ 平バール 450mm

かじ平 いぶし銀 八角玄能 GF柄 300g

14.4V 以上の強さはほしい所です。

PPガラ袋(PP米袋) 60×90cm 25枚入 茶色 口紐付 YS-6090

・軍手

マキタ(Makita) 電気マルノコ 165mm M565

 

などなど

 

解体する場合は、上から解体

屋根がある場合は、屋根から、そして桟になっている垂木(たるき)部分

柱・床と 上から解体していくと作業がしやすい。

 

力と要領が必要ですので、ケガしないように、作業を進めていく

 

夢中になってやっていると、釘が刺さった木材を踏んでしまったりすることも

あるので、片付けしながら作業を進めていきたい。

 

万が一釘を踏んだ時には、靴と靴下を脱ぎ・血をすぐ出す・

少し痛いの我慢で、もっているハンマー(げんのう玄能)

でたたく・・・

血がでなくなったら、消毒・・・

 

気になるなら病院へ

 

|ウッドデッキ取り付け

・ツーバイ材ウエスタンレッドシダー適量

・垂木材 適量

・柱材 適量

束石 適量

丸のこ

インパクトドライバー

・さしがね

・スケール(まきじゃく)

・ビス適量

奥行きは8尺(254㎝)と9尺(297㎝)の間

屋根の桟の間隔は、1尺5寸(45.5㎝)間隔

1尺しゃくは約33cm

 

 

もし自分で一から作りたい!!そう思ったならば

高さや長さ・奥行きなどDIYでは、すべてフリーで自由に・・

 

自分の思った通りやるのが正解(#^^#)

失敗も、成功もない

 

たった一つのものつくりは、いい

 

好きな木を使って、好きな釘やビスを使って固定

自分らしく作る  過程が大切

 

 

 

自由にモノを作って、遊ぶというのが最高の楽しみでは・・・?

ないでしょうか

 

 

|ウッドデッキ・屋根桟塗装

・使用する道具

・ハケ

・さげつ(塗料をいれる容器)

・内容器(プラスチック容器)

・塗料

Washin(和信化学工業)エコステイン 各色【3.5L】

同等以上で、キシラデコールというステイン材がある。

和信の方が、値段が安価

ムラになりにくい

コーワ ベンダー20mm巾 両面中毛

デッキの隙間を塗るために使うあると便利

 

全部で2回塗り

色はメープル色

1回塗りだと、本来の性能が発揮されない!

それとムラっぽい。

 

ムラになりにくい方法は、一本一本 塗り分けしながら、

決めて塗っていった方が良い

 

乾いて色をのせるからムラになって見える場合がある。

乾く前に、塗り続ける。

 

 

刷毛は、油性用(溶剤)を使った方がいいかもしれない。

|屋根波板ポリカ

用意するもの

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 軽量ポリカ波板9尺 NIPC-905 クリア NIPC905CL

かじ平 いぶし銀 八角玄能 GF柄 300g

ダイドーハント (DAIDOHANT) (傘釘) ポリカ連結傘釘 クリアー

[ 木下地用 ] (ポリカ座金) (呼び径d) 2.1 x (長さL) 38mm (270本入) 19421

EB-SK11 波板切はさみ 210mm

 

波板のクリアにも

半透明とトウメイがあります。

1枚幅が60数㎝ 釘は、一つの桟に5か所とめました

一番奥が、すごい釘が打ちにくい

手も伸ばしにくい

波板に先に釘を4か所分さしておくとあとで、釘が打ちやすい。

先にさしておかないと、釘を打てない・・・・

 

後でパタパタ音がしてしまうので、やりにくいけれど、釘を打ち込む

 

少し斜めにに勾配を取ってあるので、水がしっかり流れる

 

|ウッドデッキ塗装 

 

3から5年に一度は、塗っておきたい。

 

最初はこんな感じ

1本ずつ通して塗装

 

目地部分を先に塗る

刷毛でも塗布できますが、

ベンダーと呼ばれる薄い毛が付いた品物

数百円ですが、効率アップ

 

2回目の塗装

 

2回同じ塗料で、性能が発揮されます。

色も少し引き締まる

色は、屋根・床のデッキ共にメープル。

 

この量でも3.5Lのエコステインで2回塗って、

少しあまりが出るくらい

 

大工工事解体~新規造作 約3日

塗装・テラス工事 約3日

費用はおおよそ40前後

 

こまめに塗装をしてあげると、期待に応えてくれて

長持ちしてくれます。

 

3年に一度最低5年に一度は、塗ってあげると、

水もはじき、腐ったりしません。

 

 

洗濯物スペース・団らんスペースには、

いいですね♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました

お問合せはこちらからどうぞ

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。

最新記事 by こばやし まさき (全て見る)

ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼