リペア・ブログページ

ガルバリウム鋼板壁/補修事例

ガルバリウム鋼板壁補修

ガルバリウム鋼板壁補修

ガルバリウム鋼板に発泡レタンが付着

ガルバリウム鋼板補修

削って、ツヤ調整

ガルバリウム鋼板補修

ガルバリウム鋼板補修

広範囲の場合、できれば塗装しないで補修ができれば時間節約と、施工金額の低コストにつながります。

けずるのも壁を傷つけないようにするため気を使いました。

ガルバは少し厄介で見る方向によって若干の色の違いやつやの違いなどが、目につく場合があります。

広範囲だと・・・・

 

塗料や発泡ウレタンなど付着に気が付いたら、すぐ対応すれば落としやすいですが、

固まってしまうと、いろんな意味で手間かかります。

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。
ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼