リペア・ブログページ

玄関ドア塗装剥がれ補修

玄関ドアの補修工事の解説になります。

 

玄関ドアの素材はアルミ

 

アルミ系は塗装できない!!?と思っていませんか!?

 

確かに密着は悪いのが難点です。

 

アルミの玄関ドアは塗装で、はがれた部分を補修することが、

できます。

ただし、日差しがとても当たる方位にあるドアなどでは、

色が変わってくることもありますので、

注意が必要です

 

玄関ドアの塗装は、割と薄く、ステッカーはがし液やシンナーで、

ふき取ると、簡単に色が落ちてしまいます。

 

手順の解説です。

1養生作業

床や、ドアの塗らない部分や飛散しないように、

マスカーと呼ばれるテープとビニールが一体化している

道具やテープを使います。

 

2下地処理

400番くらいのサンドペーパーで、表面のばりや、

はがれている部分をならします

3パテ処理

アルミスポットパテという

ラッカーパテを使いました。

速乾(すぐ硬化します)で、研ぎやすい

厚盛すると、いつまでも乾きません。

4研磨・パテ処理

平らになるまで、繰り返します。

 

4調色

一番時間がかかる作業。

緑っぽいような、赤っぽいような、グレーぽいような

ミルクティっぽいような色でした

黒62と白16 赤4青2黄10グリーン4オレンジ2%

くらいな感覚でした。

 

使った塗料は、玄々塗料(げんげんとりょう)のラッカー塗料つや消し・半艶

です

色を再現するのに時間がかかりました。

 

仕上がりは、若干緑が強く・赤みが弱かったので、

今回の反省点

 

若干 赤みが弱かったので、

また調色しなおして、全体的に軽く色を付けました。

微妙な色の誤差が、人間の目だと目についてしまいます。

 

とりあえず無事終了

 

9:00-12:30頃くらい工事時間

 

施工金額25000円税込み~

 

あまり日が当たる場合ですと、劣化が早まるので、

変色リスクがでてきます

日が当たる部分だと、シートがはがれなどもあり

悩みどころです

 

塗装や、ダイノックシート外部用玄関用などの見積りはお気軽にご連絡ください。

 

お問合せはこちらからお気軽にどうぞ(#^^#)

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。

最新記事 by こばやし まさき (全て見る)

ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼