リペア・ブログページ

雨漏り修理/火災保険で対応できた事例

雨漏り修理火災保険

雨漏り修理・火災保険

雨漏り修理ご依頼ありがとうございました。

 

保険屋さんの素晴らしい判断で、満額ではありませんが、なんとかなまかなえるだけの工事代がおりていただき

感謝感激すばらしかったです。

ありがとうございました。

 

今回は、弱い雨ですと、雨漏りせず、風が強いふきこむ雨の場合、雨漏りがしてしまった事例になります。

 

築40年以上は経っているのではないでしょうか

 

雨漏りの原因は、屋根又は壁から雨漏りすることがほとんどで

今回は屋根の瓦の修繕を行いました。

瓦雨漏り 瓦雨漏り

施工前の状況です。

 

正確な場所を特定するのは雨漏りの場合ですと、困難な場合が多いです。

強風による瓦のずれや、壁と屋根の重なる部分の隙間が原因だったということも多い

瓦雨漏り火災保険瓦雨漏り火災保険瓦雨漏り火災保険

こういう空洞が空いてしまっている部分を発見

雨漏りの原因の一つです。

瓦を一枚一枚おろして

もう一度下地からやり直しです。

ルーフィングと呼ばれる防水シート&瓦桟かわらざん

名前がかっこいい・瓦を抑える下地をやり直しです。

 

瓦雨漏り火災保険

そしてしっかり漆喰部分もやり直しです。

 

屋根瓦がおかしい所は、何十枚か新品に差し替え

 

 

そして

瓦雨漏り

ベランダ下の壁と屋根が重なる取り合いもまた雨漏りの原因の一つ

床を壊さないと、防水処理ができません。

ベランダ雨漏り火災保険

怪しい部分はしっかりと補修

そして床材もダメになってしまうので張替えです

瓦雨漏り

足場をかけなければ工事できないので、

こういったテラスの波板も、火災保険で対応できる場合もあります。

波板火災保険

波板火災保険

張替完了

波板ポリカブロンズ色 6尺約1.8m

金物は木部下地用傘釘(かんじばっかり)

 

 

 

雨漏り火災

外部が補修完了したら中の雨漏りあとの修理

 

雨漏り火災

雨漏り火災

この六角形は

なかなかやりがいある作り

 

立派なものでしたすばらしい

雨漏り火災

パテ

雨漏り火災

そしてクロス

 

雨漏り火災保険

そして床

雨漏り火災保険

雨漏り火災保険

廊下

 

色々修理・修復

 

おかげさまで、きれいになりました。

 

保険が絶対降りるということはありませんので、

あやしい飛込業者さんにご注意を

 

知らないは損なので

 

こういった事例もあるよということを頭の片隅に

 

何かあった際は思い出してみてね

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。
ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼