リペア・ブログページ

窓枠と巾木の雨染み補修塗装事例

 

 

窓枠の雨染みや変色なども、交換しないで塗装して修理することが可能です。

 

結論から言いますと、やり方や、塗料によっても、金額が変わってきますが、

 

掃き出しの枠(ベランダなどの窓を掃き出しといいます)1か所、

おおよそ¥15000-30000円くらいで塗装することができます。

木目が張られているシートがはがれてきている場合でも、

同じく木枠を塗装出来ます。

 

雨染みなどは、浸透性塗料といって、木目などを残すときに塗る塗料では、

黒いシミは消えません。そのままシミがでてしまいます。

浸透性で有名どころは、キシラデコール

 

ニスなどは、塗り回数や塗料によってもシミや黒ずみは消えません。

 

 

白く塗りつぶすのは、手間がかかりますが、仕上げることができます。

下地処理(ペーパーやパテ処理)や塗り回数も、

多くなりますので、時間がかかってきます。

 

今回使用した塗料はラッカー系塗料です。

乾燥が早く、表面硬度が高いです。

耐久性は、やや低めになります。約5年と言われています。

 

他にもウレタン塗料や、浸透性塗料・着色剤・ニス・

など仕上げ方は色々ですが、

予算と、内容によって仕様材料とやり方を変えていきます。

 

次は巾木の黒ずみ

 

画像ですと分かりずらいですが、

調色塗装により、補修することが可能です。

耐久目安は5年になります、

 

日が当たる部分の耐久性は落ちてきます。

 

アパートやマンションなどの入居者さんの退去時に、

巾木交換と比較して、塗装で済めば安上がりになる可能性もありますね。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
小林 雅樹(こばやし まさき)1級塗装技能士・職業訓練指導員(塗装科)取得 昭和58年10月7日生まれ 栃木県市貝町生まれ 栃木県真岡育ち 真岡工業高校(建築科)へ入学するも、中退 職を転々とするが20代半ば偶然、知り合いの塗装店の代表と会い 塗装をはじめるきっかけとなりました 現場で、同じ塗装でもさらに高度な補修・リペア技術を目の前にして素晴らしい技術の魅力にひかれました。 多くの方に、低コストで行える補修を広く知ってもらいたいと考えています。
ページ上部へ戻る
施工はしっかりと誠実に対応 0120-819-816 ご相談・見積り依頼